チャレンジしたいことが山ほど。なりたかった自分になるために。

宮田恵里
経営支援部第2エリア 内勤営業
2011年入社 関西学院大学社会学部卒

日創研に興味を持ったのは、「中小企業の活性化」という事業の目的に共感をおぼえたからです。父親が自動車の板金塗装の会社を経営していて、子どもの頃から毎日一生懸命働く父の姿を見て育ちました。だから中小企業の経営者の思いというものを少しは分かっているつもりだったし、経営者を支える仕事というものが身近に感じられ、自分もその一翼を担いたいと思いました。学生時代、授業や部活の忙しい合間を縫って、毎日のようにスーパーマーケットでアルバイトをしていました。その時感じたのは、仕事を通じて人の役に立つことの喜びや、誰かから必要とされることの喜びです。それを実感できる仕事につきたいという思いが就職活動を通じてずっと自分の中にあったし、日創研なら間違いなくそれができると思いました。

営業というと、ふつうはお客様の会社を訪問する外回りの営業を思い浮かべますが、日創研では社内に常駐し、電話でPRを行う内勤営業という仕事もあります。内勤営業は、日創研の会員である経営者の方に電話を差し上げ、経営の課題や人材育成の悩みなどをうかがい、解決の手段として研修をご提案するのが主な仕事です。電話で営業というと、マニュアルがあって決められたセリフを話すだけのイメージを持たれるかもしれませんが、日創研の内勤営業はマニュアルもなく、どんな順序で、何をアピールするかはすべて担当者次第。内勤営業のスタッフが集まって勉強会を開き、質問に対してどんな応対をするかをトレーニングしたり、みんなで話し合いながらスキルを磨いています。また内勤営業には、外勤と同じように担当エリアがあります。私の担当は、岡山県と鳥取県。もう1年半になるので、多くの経営者の方とも懇意になりました。お客様との距離が近くなれば信頼関係も増し、それだけニーズにあった提案ができます。手段が電話というだけで、中身は外勤の営業とまったく変わらない。それが内勤営業の仕事です。

仕事の中身が同じだけに、面白みも外勤営業と似ているところがあるのは当然です。ご契約をいただけると達成感があるし、研修後のフォローの電話で「受けてみて良かった」「とても勉強になった」といった声に触れると嬉しい。人材が成長して、業績アップにつながったという話をうかがうと、お役に立てた実感がこみ上げてきます。でも外勤営業にはない面白さも。例えば内勤営業は、デスクに座ってパソコンを前にし、お客様が過去に受講された研修の詳しい内容などを見ながら商談をするので、外勤営業よりむしろキメの細かい提案や突っ込んだ内容の提案ができます。接触の機会も月に1〜2回訪問する外勤より多いので、お客様にもっと詳しくなれる面白みもあったりします。外勤営業と似ていながら、違った面白みもいっぱい詰まった内勤営業の仕事を、私はとても気に入っています。

日創研では、社員全員が個人の将来ビジョンを掲げ、1年目、3年目、5年目と段階に分けて目標設定を行いながら、ビジョンの実現に挑戦しています。私が立てたビジョンは、入社前から変わることのない「人の役に立って、必要とされる人間になること」。そのためにまず内勤営業でスキルをさらに磨き、研修運営にも仕事の幅を広げ、責任者を務めることができるレベルにまで成長したいですね。その上で3年後を目標に、外勤営業にもチャレンジしたい。経営者の方とフェース・トゥ・フェースで向き合い、直接コミュニケーションを交わす中で、きっと内勤営業では得ることのできなかった学びや気付きがあるにちがいありません。尽きることのないチャレンジ。日創研には、一人ひとりが将来まで成長を持続できる環境があります。