金井哲郎
経営支援部第1エリア サブエリアマネージャー 兼 外勤営業
2006年入社 広島大学工学部機械工学卒

大学院に進学するか、就職するかで悩んだ大学4回生。たまたま読んだ本で経営コンサルタントの仕事を知り、業界研究する中で日創研に出会いました。経営コンサルタントの仕事に引かれたいちばんの理由は、経営の専門知識と経験だけで赤字だった経営を立て直し、会社を生まれ変わらせるなんて、「スゴい!」と率直に思ったからです。もちろん自分は理系の出身だし、文系に転じることに対して迷いがなかったといえば嘘になります。でも今しかチャレンジできないし、幸い第一志望だった日創研から内定をもらえたので、思い切って飛び込んでみる決心をしました。

最初の担当は、島根県と鳥取県。営業のスキルも経験もない中で、結果を出せず、苦戦続きでした。仕事が面白くなり始めたのは、続いて四国4県を任された頃から。日創研を応援してくださる経営者の方が多く、「前任者はこうだった」「日創研の研修はここが魅力」と逆にお客様から教えられたり、会社経営がどういう仕事で、どんな苦労があるか、社長暁の実際をじかに学べて勉強になりました。また岡山県を担当した時は、「居酒屋業界から地域を盛り上げていこう」と地元で居酒屋を経営される社長が集まり、勉強会を企画。著名な社長を講師に招くなど、戦略的に考えて「仕掛ける営業」の面白さを初めて知りました。現在の担当は、神戸、芦屋、西宮、尼崎など阪神エリア。自社の研修の特色、競合との違いなどを端的にアピールする力が求められます。ひとくちに営業といっても、地域や担当エリアによって市場のニーズもアプローチの仕方も違う。そこにこの仕事の面白みがあるように気がしています。

会社を支えているのは人——。日創研の研修を導入し、社長や社員の方の意識、仕事と向き合う姿勢が変わることで売上げが伸び、収益が改善され、赤字経営だった会社が黒字に転換するケースも少なくありません。自分の紹介した研修によってお客様の会社の雰囲気が変わり、生まれ変わっていくのを見るのはやっぱり嬉しいし、営業という仕事のいちばんの醍醐味も、そこにあるような気がします。あと、ご契約いただく瞬間の達成感は、何年営業をやっても変わることはありません。ご契約いただくということは、日創研や私という個人を評価し、信頼し、商品としての価値を認め、投資する決断をしてくださったということ。それを実感できるのは、何よりもの喜びです。ご契約をいただくまでには時間もかかるし、結果が出ずに苦しむ場面も。でもゴールを切る瞬間の喜びを知っているから、壁を乗り越えるのは難しいことではありません。

担当地区の違う営業を何人か束ね、エリアを統括するマネージャーになるのが当面の目標。また研修で指導にあたる講師も、一度は経験してみたいですね。人を教えることは、何より自分自身の成長にとっても、学ぶことが少なくないからです。もちろん経営コンサルタントになる夢も、忘れたわけではありません。人材育成に限らず、幅広い視点から経営に対するアドバイスを提供し、お客様の会社の業績アップと成長に貢献できるような専門家に成長することが自分の最終ゴールです。まだ入社して間もない頃、あるセミナーの企画を広い地域に拡大して事業展開するよう、代表の田舞から宿題を与えられたことがあります。そんな風に日創研では、年齢や経験年数に限らずチャレンジする場が与えられることがめずらしくありません。自分の夢を実現できるチャンスが、ここにはあると思っています。