菅野奈々
経営支援部第1エリア 内勤営業
2012年入社 龍谷大学文学部卒

日創研を知ったのは、就職活動が終盤に近づいた頃。それまではモノづくりの会社で営業がしたいと思い、メーカーを中心にあたっていました。ところがある会社の人事の方から「女性の営業はいらない」といわれ、あえなく挫折。でも、そういわれると余計に「なにくそ」と思ってしまうのが人間の感情です。「女性だから事務の仕事」というワクにハマるのもいやだし、逆に営業に挑戦したい気持ちの方が強くなっていきました。日創研に出会ったのは、そんな時。もちろん営業は大変そうだし、不安は大いにありました。でも教育研修の会社だから社内教育もしっかりしていると思ったし、未経験でも段階をふんできちんと教えてくれるはず。ずっと気になっていた女性社員の比率も高い。だったらここで思い切って頑張ってみるのもいいかなと思い、入社を決めました。内定をいただいたのは、ちょうど卒論の中間発表の日でしたが、メチャクチャ嬉しかったのを覚えています。

内勤営業は、電話で次の研修をご案内し、ご契約をいただくのが仕事。コトバでいうと簡単そうですが、電話だと思ったように自分気持ちが相手に伝わらず、長電話をするとご迷惑だろうからと思って手短に終わらせようとすると逆につっけんどんに聞こえてしまったり、とても難しい。しかも受話器のむこうにいらっしゃるのは人生の先輩であり、社長の肩書きを持たれた方。最初の頃はふだん通りの話し方ができなくて、どうすればいいのか答えも見つからず、悩んでばかりいました。そんな状況に変化が見えてきたのは、内勤営業の先輩がロープレのトレーニングに付き合ってくださったり、外勤営業の先輩が同行営業でお客様のところに連れて行ってくださるようになってから。直接お会いして、ご挨拶がてら自己紹介をする——。たったそれだけのことなのに、それから冷静に話ができたりするようになるから不思議です。まだまだ悩みは尽きません。でも助けてくれる先輩がいて、自分の時間を割いて教えてくれるから、苦しいけれど頑張る気持ちが湧いてきます。

私が担当するのは北陸3県。研修で大阪まで足を運んでいただくのは大変だからと、半年ほど前、福井、石川、富山の3県でセミナーを地方開催しました。でも一体どれくらいの方が来てくださるのか、まったく自信がありません。ところがいざふたを開けてみると、当日セミナー会場は私が担当する地区のお客様でいっぱい。私のいたらない案内にもかかわらず、これだけ多くの方が来てくださったのかと思うと、コトバにできない感動と達成感がありました。この1年あまり、いっぱい失敗もしたし、たくさんのお客様にご迷惑をおかけしました。でも先輩や上司のアドバイスでをやり方を少し変えてみると、思わぬ成果につながったことが何度かありました。ちょっとした工夫や改善で、崩れそうになった信頼関係を元通りにしたり、場合によってはそれまで以上に発展させることもできると身をもって体験したことで、少し自信を取り戻すことができた気がします。昨日よりも今日、今日よりも明日と一歩ずつ階段を上がるようにやるべきことを続けていけば、きっと出口は見つかる——。そう信じています。

学生時代のアルバイトも含めて、今までモノを売ったり、販売する仕事に携わったことは一度もありません。就活を通じて営業の仕事にこだわり続けたのは、それが自分にとって大きな挑戦だったから。始めた以上は営業の実力をもっと付けたいし、やり遂げるまで絶対あきらめたくありません。外勤営業の仕事に、興味がないわけではありません。でも目の前の仕事で会社の期待に答えるだけの成果を出せずにいる今、外勤営業の仕事に移るというのは逃げでしかありません。内勤営業の仕事でしっかりとお客様に貢献する仕事ができるようになったら、その時、新たな思いで挑戦してみたいと思っています。